読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rails + Adobe AIRでの業務システム

昨年末から4月末まで、 Rails(JSON+RubyAMF) + Adobe AIR(Flexベース,デスクトップアプリ)での業務システムな仕事をがっちりとやっておりました。

Adobe AIRというと、今だとモバイル開発が主戦場で、WindowsMac向けのデスクトップアプリとしては、世間一般ではオワコン扱いなのかもしれません*1

しかし、今回Rails+Adobe AIRの組み合わせでやってみて、個人的にはこういう組み合わせは業務システム用途ではまだまだイケる、アリだよねという感想を持ちました。


以下、いいとおもった事をつらつらと。

デスクトップアプリなので、ブラウザ間の差異とか気にしなくていい。
Adobe AIRCookieの取り扱いはブラウザのものを使うので、DeviseとかRailsに構築した認証の仕組みがそのまま使える。
Railsサーバ側ではAPI提供に徹して、AIR側と疎結合に構築すれば、構成変更等にも柔軟に対応出来る。
PDFでの印刷処理が楽*2
開発言語がActionScriptなので、クライアントサイドをJavaScriptで開発する時よりハマリが少なくていい。クラス定義、パッケージ、型宣言があるので大分いい。


もっとも、これは開発側から見てのいい点なので、発注側から見た場合にはこの限りではないでしょう。
これからだと、技術者の確保が難しくなっていく(る)とか容易に想像出来ますし。
Flex SDKがASFへ委託されたりとか、プラットフォーム自体の将来性がどうなのかとか。



・・とかありますが、責任持って面倒見られる人がいれば、発注側にとっても今でもいい選択肢かと。

*1:TweetDeckのAdobe AIR版終了なんてニュースもありましたし

*2:そのまま安易に処理すると画質が荒くて汚いが・・