読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bitbucketのプライベートリポジトリで管理しているJekyllで作った静的サイトを、無料のCIサービスwerckerを使って自動でS3にデプロイする

先日S3に移行した片平堂のサイトですが、Jekyll、Bitbucketのプライベートリポジトリ、CIサービスのwerckerを利用して、リポジトリにpushしたら自動でS3に反映するようにしました。

なお、静的サイトジェネレータはMiddlemanとJekyllで迷ったのですが、非プログラマな方も触るので、規約がMiddlemanとくらべてうるさくないと感じたJekyllにしてみました。
ちなみに自分一人だけならMiddlemanを選ぶかなと思いました。
テンプレートもHamlとかSlimとか色々選べますし、Asset Pipelineも使えますし。
触る方のスキルが上がったらMiddlemanに乗り換えるかもしれません。
後、S3にデプロイするためにjekyll-s3 とかありますが、前述の通り、デプロイ作業をするのが一人ではないので、CIを使ってみました。

手順としては以下のような感じで進めました。

スタート,既存サイトのHTML(VCS未使用,Cyberduckで手動でS3にアップロードしていた)

Jekyll使用に移行

Jekyll使用にしたものをBitBucketに登録

werckerにユーザ登録,Bitbucketの該当リポジトリを登録

Bitbucketにpushしたらwerckerでbuild出来る所まで設定、テストする

werckerのS3へのデプロイ情報を設定

buildしたものをS3にデプロイできる事を確認

既存サイトをJekyllに移行

4ページ程度のサイトで動的な部分もないのでこの作業は簡単でした。

既存サイトのディレクリでGemfileを用意。

# Gemfile
source 'http://rubygems.org'

gem 'jekyll'
gem 'redcarpet'

bundle installします。

% bundle install --path vendor/bundle 

build時に、Gemfile,vendorなどが含まれないように_config.ymlを用意して設定。

# _config.yml
name: 片平堂
markdown: redcarpet
pygments: true
exclude: ["vendor", "Gemfile", "Gemfile.lock"]

一度問題なく生成できるか確認。

% bundle exec jekyll serve --watch

OKだったので、レイアウトを使用するように。

% mkdir _layouts

default.html用意

<!- _layouts/default.html->
<!DOCTYPE html>
<html>
<head lang="jp">
  <meta charset="UTF-8">
  <title>{{page.title}} - {{site.name}}</title>
</head>
<body>
{{content}}
</body>
</html>

各ページにYAML Front Matterを追加、レイアウト使用に合わせて修正

<!- index.html->
---
layout: default
title: ホーム
---
<div>
  some content
</div>.....

フッター部を部品化。

% mkdir _includes

footer.htmlを用意

<!- _includes/footer.html->
<div id="footer">
  (C) 2007 Katahirado.
</div>

default.htmlにフッターの読み込みを追加

<!- _layouts/default.html->
<!DOCTYPE html>
<html>
<head lang="jp">
  <meta charset="UTF-8">
  <title>{{page.title}} - {{site.name}}</title>
</head>
<body>
{{content}}
{% include footer.html %}
</body>
</html>

Bitbucketに登録

Gitのプライベートリポジトリを無料で使いたかったのでBitbucketにしました。
Bitbucketにユーザ登録してなかったら登録して、サイト用のプライベートリボジトリを作成します。
ssh公開鍵などよしなに。
後はJekyllに移行したサイトディレクトリでいつものように*1

% git init
% git add .
% git commit -m 'initial commit'
% git remote add origin git@bitbucket.org:bitbucket_account/bitbucket_repository.git
% git push -u origin master

SourceTreeを使うのもよいかと。

wercker

参考

f:id:yuichi_katahira:20140427002207p:plain

REGISTER WITH GITHUBを選択。
githubアカウントで登録してみました。

f:id:yuichi_katahira:20140427002641p:plain

スクリーンショット撮り忘れました。
後はアカウント名とメールアドレスを入れてフィニッシュするだけなのでよしなにしてください。

Bitbucketの該当リポジトリを登録

Add an applicationをクリック

f:id:yuichi_katahira:20140427003741p:plain

use Bitbucketをクリック

f:id:yuichi_katahira:20140427003937p:plain

該当リポジトリを選択して、Use selected repoをクリック

f:id:yuichi_katahira:20140427004141p:plain

Bitbucketにpushしたらwerckerでbuild出来る所まで設定、テストする

Add werckerbotをクリック

f:id:yuichi_katahira:20140427004511p:plain

Bitbucketのリポジトリのアクセス管理画面が開くので、先ほどの説明文通り、werckerbotアカウントを書き込み可能な権限で追加します。

f:id:yuichi_katahira:20140427004658p:plain

werckerに戻ってNextをクリック

f:id:yuichi_katahira:20140427004511p:plain

wercker.ymlを作成せよといってますが後で作りますので、Nextをクリック。

f:id:yuichi_katahira:20140427005050p:plain

ちなみにすでにwercker.ymlをこの時点ですでに作成してリポジトリにアップしている場合、こんな感じになります。

f:id:yuichi_katahira:20140428104113p:plain

Create applicationをクリック

f:id:yuichi_katahira:20140427010201p:plain

追加がとりあえず完了。

f:id:yuichi_katahira:20140427010411p:plain

ローカルでwercker.ymlを作成します。
bundle installしてjekyll buildして_siteを作成するという内容です。

# our build should run within a Ruby box
box: wercker/ruby
build:
  steps:
    # Run a smart version of bundle install
    # which improves build execution time of
    # future builds
    - bundle-install

    # A custom script step
    # that actually builds the jekyll site
    - script:
        name: generate site
        code: bundle exec jekyll build --trace

wercker.ymlがbuildされないようにexcludeに追加します。

name: 片平堂
markdown: redcarpet
pygments: true
exclude: ["vendor", "Gemfile", "Gemfile.lock","wercker.yml"]

Bitbucketにpushしたら、werckerでbuild出来るか実際にpushしてみます。

% git add wercker.yml
% git commit -m 'add wercker.yml'
% git push origin master

成功しました。

f:id:yuichi_katahira:20140427012030p:plain

f:id:yuichi_katahira:20140427011123p:plain

werckerのS3へのデプロイ情報を設定

SettingsのDeploy targetsでAdd deploy targetのCustom deployを選択します。

f:id:yuichi_katahira:20140427012637p:plain

Deployのターゲットネームとレポジトリを設定。

f:id:yuichi_katahira:20140427012956p:plain

AWS のアクセスキーID,シークレットアクセスキー,bucketのURLを設定していきます。
なお、AWSのシークレットアクセスキーについてはこちらの記事の件にも留意。
Add new variableをクリック

f:id:yuichi_katahira:20140427013019p:plain

キーID用の変数名と実際の値を設定します。

f:id:yuichi_katahira:20140427013250p:plain

続いてシークレット

f:id:yuichi_katahira:20140427013733p:plain

バケットのURL

f:id:yuichi_katahira:20140427013821p:plain

こんな感じになります。

f:id:yuichi_katahira:20140427013906p:plain

wercker.ymlにs3デプロイの設定を追加します。

# our build should run within a Ruby box
box: wercker/ruby
build:
  steps:
    # Run a smart version of bundle install
    # which improves build execution time of
    # future builds
    - bundle-install

    # A custom script step
    # that actually builds the jekyll site
    - script:
        name: generate site
        code: bundle exec jekyll build --trace
deploy:
  steps:
    - s3sync:
        key_id: $KEY
        key_secret: $SECRET
        bucket_url: $URL
        source_dir: _site/

buildしたものをS3にデプロイできる事を確認

% git add wercker.yml
% git commit -m 'Add deployment section'
% git push origin master

Build OK.

f:id:yuichi_katahira:20140427011252p:plain

S3へのDeploy OK.

f:id:yuichi_katahira:20140427014441p:plain

f:id:yuichi_katahira:20140427014653p:plain

感想、その他

自動化するために、自前で用意するものが減って大変便利。
werckerがいつまで無料なのかわかりませんが、無料でここまで出来てありがたい限り。
Middlemanでも同様な感じで設定出来ます。
以上。

*1:実際にはJekyllのレイアウト化の前にローカルのgit使用でバージョン管理していたのですが、話を簡略化